読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thagwen’s blog

現役高校2年生のthagwenの趣味・勉強日記

2017.04.07 Fri GBA「ボクらの太陽」

 

今日の学習


教科 参考書名 やったこと 達成状況
数学 青チャート II・B 第2章「複素数と方程式」[11] 達成
英語 DataBase4500
Level1(1-171) 復習
Level1(172-306) 日曜日
Level2(307-408) 土曜日
日曜日
達成
やっておきたい英語長文 700 第1問 達成
学校のテスト勉強 数学・英語・物理・化学 達成


やっておきたい英語長文700に手を付けました。

え…?難易度高すぎ!

500が余裕を持って解けたので、700ぐらい簡単だろうという気持ちでのんだ結果、ボロボロでした。知らない単語だらけだし、グローバル化というテーマで今一ピンとこないし…。文構造は明確で簡単でしたが単語の意味が分からないから意味をとれなかったです。

僕の欠点があらわになりました。なるほど、僕には語句の意味が抜けているのが大きいみたいですね。当たり前のことか。


GBAボクらの太陽」はやっぱり最高だ。


GBAでのお気に入りのソフトのうちの一つ、「ボクらの太陽」を久しぶりにやりました。以下できるだけ少なく語ります。

特徴

☆画面

☆カートリッジ(ゲームのカセット本体)

このゲームの魅力は、なんといってもやはり、特徴的なシステム。

現実世界の太陽光がないとプレイできません!

カートリッジ(ゲームのカセット)に付属している、太陽光を感知するセンサーに、太陽光を当てることによってゲームをすることができます。

実際には、太陽光はとあるもので代用できるのですがそれは秘密にしておきます。

この時点でだいぶ面白みがあるといいますか、工夫があっていいですよね。日中ゲームができない人とか、曇り・雨の日は厳しいですが、どこでも持ち運べる携帯ゲーム機の利点を最大限に生かしてます

MGSの作者さんが作ってますのでMGSとの絡みもありますし、ストーリーもMGS風ですね。

おひさー!僕と「ボクらの太陽」の出会い

あまり知られていないのか、マイナーなのかはよくわかりませんが、あまり売られていないゲームです。

もう7年前のことになります。町にある大型中古専門店で、1年近く潜り込んで見つけました。なぜこのゲームを知ったのかというと、ロックマンエグゼにがっつりはまっていたときに(今もですが)、その攻略本を買ったんです。その時にこのソフトがあることを知りました。

7年間ずーっと、いまだに月に1回その店を訪れて、これの続編シリーズ2つを買おうと探し続けています。いまだに続編が売られているところを見たことがないです…。

気に入っているところ

「特徴」のところでいいました、太陽光システムが最高ですね。

今日みたいな曇りの日には向きませんが、ゲーム内でも色々と代用策はありますから、今日はそれでプレイしました。

トーリーはすみませんがご自身で。僕にとっては好物でした。謎解き、武器のカスタマイズ等があります。これらは僕のココロをくすぐるといいますか。

FF・DQでは、最強装備一択で他アイテムの使用場所が乱数調節以外でないんです。対してこのゲームはというと、すべてのアイテムに使い道があるんです。かなりやり込むと、本当にすべてのアイテムが役に立つことがわかるんです。これは素晴らしい。

謎解きは、当時の僕にはかなり難しかったです。正直に言いますが何度か攻略Wiki見ました。今はどうなんだろう?

武器種類はそう多くはないですが、それぞれにちゃんと個性がありますし、活躍の場所が必ずあります。これがまたすごいんです。一見無駄に見える武器があるのですが、意外とそういう武器こそ役に立つことが多いんですね。

ちなみに最強装備は入手に、本当に3か月ぐらいかかります。固定性なので運要素は少なく、むしろ努力量が入手のカギですね。FF4みたいにプリンを狩りまくって「ピンクのしっぽ」を低確率で入手する、とかはないです。あ、努力量はどちらも同じか(笑)

ロックマンエグゼとの熱いコラボもよかったですね。何度もお世話になったP.A.があります。

最近のスマホゲーなどのゲームは「非お使い・使役制」、つまり画面タップで進めることができるゲームです。DQやFFは完全な「お使い・使役制」ですよね。だから最近のガチャゲーとはまた違っていいです。



続編がさらにほしくなってしまった…!いつかは全作品プレイしたいですねー。今のところDSとGBAの無印版しかしたことないです。


追記

2017/04/08 脱字訂正
2017/04/09 写真のリンク切れの修正