読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

thagwen’s blog

現役高校2年生のthagwenの趣味・勉強日記

2017.04.08 Sat 二度あることは三度ある―今週3度目の傘盗難―

今日はくもりと雨。うちの地域は濃い霧がかかっております。そして本日は入学式。そこで事件は起きた…。

入学式はめでたく楽しくうれしいもののはずだが、僕のこころは一向に晴れる気配がない。

勉強に集中できるという利点があるから、クラス替えの結果、クラスに仲良し1人しかいないことはまだいいのだ。

しかし傘盗難は腹立たしい。日本人の伝統芸とは言えども、怒りだけでなく虚しさを感じる。利点?んなものない。プラス思考でとらえる?不可能だろう。次の傘もどうせまた自腹なのだから。

ついてないなぁ…。


※削除した記事を編集して元に戻しました。


今日の学習

教科 参考書名 やったこと 達成状況
英語 DataBase4500 Level1:復習
Level2:復習
達成
やっておきたい英語長文 700 第2問 達成
その他 学校のテスト勉強 数学・英語・物理・化学 達成

今日は塾見学に行ってきました。塾ってすごいですね。大量の情報の塊であり源でもある。情報戦だと最強になりそうですね。

やっぱり、英長文700難しすぎるかも。このレベルは僕には高すぎるかなぁ。"where S V ..."「しかし...」だと…!?このWhereはいったい何者だ?ざっとリストにしただけで23単語知らないものが出てきました。しかも2つ問題でどうしても訳さなければいけない単語があったのですが、知らなかったので訳せませんでした。残念…。


始業式 ―仲良し1人 オワタ\(^o^)/―

今日は新入生登校日。新しいクラスに登校する日です。始業式ってことです。

いつも通り最初は校長先生の挨拶。次に進路部長・生徒部長の話。進路部長さんすごくいいこと言ってました。

「高校2年生の君たちはどれくらい勉強すればいいのかって?週40時間以上だ。高3で勉強しようと思った人はもう遅い、間に合わない。今年で応用レベルまでこなしておいてほしい。」

肝に銘じます。


恐れていたクラス分け。


仲良し1人 オワタ\(^o^)/

いきなりの班活動。仲良しは僕の席から最も遠く、班など一緒なわけがなくて…。人見知り発動!無言空間発動!月曜からも班活動があるって!?おわた(笑)


ま、まあ決まったものは仕方がないのでプラスに考えてみます。

友達が教室に少ないということは、勉強に集中できますね。

友達が掃除を終わらせるのを待つ必要なく家に帰って勉強ができますし、休憩時間も話し相手が不在の場合は勉強に費やせます。放課後に家を出ることもなくなるし。あ、僕の場合はさらに引きこもりになるのか…。その意味では受験に有利なのかも?

話ができる人が少ないのは悲しいことですが、LINEがPCにもあるから、きっと大丈夫(震え声)

これ以上悪いことはないよね…?


今週3度目の傘盗難!!!

2度あることは3度あるとはよく言ったものです。


また傘を盗まれた!
おいまて、今週3度目だぞ!!!

なんということでしょう!今週3度目の傘盗難に遭遇しました。


事件現場は学校。犯行時刻は終礼後の3分間。僕が鞄を背負っている間の出来事。

犯人は間違いなくクラスの連中!おそらく間違えて持って帰ったものと思われるが、きっともう二度と僕がその傘に逢うことはないだろう。

被害総額は3本合わせて2600円(小遣い約3か月分)

しかも今日は雨と来たものです。帰れませんでした。傘を2本持っている先生の、水玉模様の女性用の傘をさして家に帰りましたよ(笑)おっと、笑い事じゃないです。


被害にあった最初の一本目は月曜日のコンビニエンスストア。これは僕が油断していたのだから仕方がない話です。親からも何度も言われていました。

「コンビニでの傘盗難は日本人の伝統だから注意しろ」

と。これを無視して傘立てに置いてしまったのが悪かった。これは僕の非だから騒ぐほどでもないとして記事にしませんでした。


二本目は木曜日の歯医者。受付前の傘立てで事件は起きた。

とても気に入っていた傘なんです!普段生活用品に金をかけない僕が、自腹で選びに選んで買った傘!4年間、中学1年の時から使っている愛着のある傘!そのフォルムも、留め具が弱いところも、持ち手の握りやすさも、チープさもすべてが好みだったのに…!

しかも歯医者で持っていかれた!コンビニならまだわかりますが、歯医者の受付さんの目の前に置いてある傘立てで窃盗なんて許すまじ!

※僕の過去記事より


本日の被害にあった傘―三本目の傘―は2本目の傘が被害にあったときに購入したコンビニの傘である。購入から2日、2回目の使用を迎えた今日、事件は起きたのだ。


このように僕はどうしてだかわからないが、家を出るたびに傘盗難にあっている。そんなに傘に困っているのだろうか。とにかく、"日本人の伝統"なんだ、仕方ないというのが親の考え。僕は小遣いを3ヶ月分どぶに捨てたことになる。そして新しい傘はどうせまた自腹で買わされる。

誠に遺憾です。心外です。