現役高校2年生の奮闘

thagwenの学問・趣味に奮闘する日記

やっぱり専門書は金額が高すぎるよ…

久しぶりの休日で、もちろんやることはいろいろありますが、試験終わり記念ということで、本日は本屋に行ってきました。



本屋に久しぶりに行くと、特に専門書コーナーにものすごい力で引き寄せられます。まるでそこにブラックホールがあるかのように。

「宇宙」、「プログラム」、「楽器」などなど、興味を惹くものが多く、時間があっという間に過ぎてしまいませんか?僕はそのコーナーの引力にとらえられて身動きが取れなくなります。


どれも内容が充実していて家に帰ってじっくり読みたいものだらけです。

しかし金額が高い。専門書は売れ行きが悪かったり、在庫管理が面倒だったりで金額が高くなるのかな。

とにかく、学生の財布には厳しすぎる金額設定です。

漫画のように700円ぐらいでプログラムの書籍が買えたら、将来、才能のある専門家が大勢登場しそうだなーなどと思います。



それはさておき、戦利品はこちらです!どん!
f:id:thagwen:20170624221738j:plain

・ゼロから作るディープラーニング
キクタン英検準1級
・英検準1級リスニング問題150

以上3点、小計 7000円+税

高すぎです。アッというまに、2ヶ月分のこずかい+家事代金が吹っ飛びました。



ところで、ちょうど先週の月曜日に、英検2級の一次試験合格を確認しました。(非常にぎりぎりだったとは言えない…)

まだ気は抜けませんが、次の対策を早期に開始できるように本日は参考書を買いに行きました。

「やっぱ語彙が問題だなぁ。読めても書けない単語が多くて文章にならないや。」ということで単語帳を、「まったく何言っているのか聞き取れまへん」ということでリスニングの対策本を購入。

単語帳はCD付いてて安いものを、リスニングが(日本の英語教育のせいで)不得意なのでリスニング対策本を購入。正直、後者は必要かどうかよくわかりません。単語CDで慣れるかもしれないし。



これが非常にほしかった!「ゼロから作る Deep Learning」。

名の通り、ディープラーニングの本です。

これが一番高かった!3600円とか高スギイ!専門書の金額の高さに僕の財布情勢は冷え込みます。

まだ読んでいませんが、「ゼロから」というのに惹かれました。ライブラリを使いこなせているわけではないですが、ライブラリなしでやりたくなるのが、初心プログラマーの特徴ではないですかね、あ、違いますかすみません。



さ、明日の模試頑張るか…。