現役高校2年生の奮闘

thagwenの学問・部活・趣味に奮闘する日記

センターレベル模試を受けてみた

本日は東進のセンターレベル模試でございます。塾内生徒でなくても、外部から受験できる数少ない模試の一つです。

レベルは名の通りセンターレベル。

対象は高校3年生。僕は高校2年だけど受けてみた。



とはいえ理科・社会は受けていません。いやあ、物理はまだ力学しかしていないし、化学はようやく原子が出てきたところだし、社会は受験科目が違うし、で受けられないんです(言い訳)。

代わりにしっかりと、英数国は受けてきました。


自己採点の結果に僕は驚きました。



なんと国語が。。。国語が・・・!!

150/200点!!うおっしゃあああ!

今までにないほどいい点数!あ、ありえない!!



そして数学が・・・数学が・・・!!

104/200点(I+A+II+B合計)



は…!?



ハイ、なめてました。

とくにIA。命題と証明なんて完全に忘れてましたし、確率は最初の問題しかあってないし、整数問題は足し算ミスるしで、40点。

でも独学のIIBが64点あったのがせめてもの救いです…。

理系に行って、数学漬けの、僕にとっては極楽ともいえる数学生活のなかで、これほどまでに点数が下がるとは!

これはIAのチャート式やり直しだな。



そして英語は154/200点。なかなか安定してきました。

ショックだったのが、「発音・アクセント」とその次の「適する単語選び」。合わせて3問正解m9(^Д^)プギャー

これだけで40点落としたなんてありえない!!!

言うまでもなく、語彙力が欠落しているようです。

NextStage等で重点的に勉強しているはずなのにどうして語彙力が上がらないんだろうか。

なおリスニングは34/50点。結構落としてます。



総 評 … 404/600

得点率に換算 … 67%

以上より、D

※東進式の計算式で算出




まとめ。

というわけで、いい感じに自分の欠点が見つかりました。高2のうちに見つけておくことができて良かったです。

難易度は確かに高めですが、家でじっくりと時間をとってもう一度やってみると、大した問題ではなかったです。試験では、思っていた以上に焦っていたようです。

難易度は、それなりにシミュレートされていると評判のセンターレベル模試。本当に受けてよかった


☆欠点
・IA(集合と命題、箱ひげ・偏差、確率、整数)
・語彙
・試験で焦りすぎ